WordPressブログの記事の書き方 新規投稿の仕方

WordPress でブログ記事を書く時の、新規投稿の仕方について説明してみます。

ざっと一連の流れをまず簡単に説明すると、下図の①から⑥までを触ります。

2016-09-08-9-01-21
  1. まずタイトルを入力し
  2. 本文を書いて
  3. 記事のカテゴリーを決めて
  4. 記事に付与するタグを入力 or 選んで
  5. 記事冒頭に表示されるアイキャッチ画像を設定して
  6. 記事 URL を編集して英数字で入力し直し

これで「公開」すれば記事は更新されます。

※1「表示オプション」について

新規投稿の画面右上に「表示オプション」という表記があり、そこをクリックするとこの新規投稿画面に何を表示するか自分好みに選択できます。私としては上の画像の状態が定番の状態になっていますので、参考にしてみてください。

※2「ビジュアル」「テキスト」について

WordPress では記事入力画面を「ビジュアルモード」と「テキストモード」に切り替えることができます。ビジュアルモードでは、実際の記事のデザインを再現した状態で記事本文を書いていくことができ、テキストモードでは、文字装飾などのタグがタグとしてそのまま表示された状態で記事を書いていくことができます。

たとえばこの記事のここまでの状態は、ビジュアルモードだとこんな感じ。

ビジュアルモードでの記事執筆時の状態

ビジュアルモードでの記事執筆時の状態

テキストモードだと、こんな感じ。

テキストモードでの記事執筆時の状態

テキストモードでの記事執筆時の状態

どちらが書きやすいかは完全に好みの違いですね。私は慣れているのでテキストモードしか使いませんが、いま久々に見てみたらビジュアルモードも昔に比べかなり綺麗な表示になった印象なので、これから覚える人はビジュアルモードに慣れた方がラクなのかな?という気もしました。

「抜粋」について

「抜粋」という項目は、テーマに Simplicity を使っている場合は特に意味があります。というのも、検索エンジンでの検索結果画面の下記画像の部分。ここに表示されるのは通常は記事冒頭の部分の文章なのですが、Simplicity のテーマオプション(カスタマイズ)から必要な設定を行うと「抜粋」に記入した文章をここに表示させることができます。

「抜粋」に記入したものがここに反映されるテーマもある

「抜粋」に記入したものがここに反映されるテーマもある

また Simplicity でも Hummingbird でも、トップページなどの記事一覧ページでは、抜粋に入力した文章が下図の部分に反映されます。

2016-09-08-9-23-56

①タイトルの書き方

タイトルは、よく「全角○文字以内にしましょう」みたいなことを言っている人が大勢いますが、そんなことは気にしない方がいいです。文字数を気にするのは検索結果画面に表示されるタイトル文字数の関係からですが、今はいろんな表示のされ方をすることがあり、特にタブレット端末での検索結果画面などはものすごく長いタイトルも全部表示されたりもしますので、文字数を気にして疲れるだけ損です。

実質的に検索エンジン最適化のために有効なのは、「なるべくタイトルの初めの方に、狙っているキーワードを入れる」ことと、「検索ユーザーが思わずクリックしたくなるようなタイトルにする」ことぐらいです。

②本文の書き方

本文のシステム的な意味での“書き方”は、これはちょっと初めは面倒に感じるかもしれません。でも慣れればなんてことないので、慣れるまでの辛抱です。

ビジュアルモード

ビジュアルモード

テキストモード

テキストモード

記事入力部分の上部にあるタグ入力ボタン、これを使って文字装飾や見出しの設定などをします。画像の状態は今の私の状態であり、自分流にいじってあるので初期状態とは違いますが、WordPress プラグインの『AddQuicktag』を使うとこのように自分流にタグ入力ボタンを追加できます。

「見出し」は適切に使う

記事本文の書き方で初心者が気をつけたいのは、「見出し」の使い方。

テキストモードで記事を書いてる状態

テキストモードで記事を書いてる状態

見出しは<h1>が一番重要で、<h2><h3>と数字が増えてくほど小さい見出しになります。で、通常は h1 見出しは記事タイトルか、またはブログ名のところに使われているので、記事本文で使う見出しは h2 から使います。もし記事タイトルで h2 が使われていたら(使用テーマによる)、その場合は h3 から使います。

そして見出しの使い方は、h2 → h3 → h4 と順番に使うのは良いのですが、h2 → h4 という風に間が飛ぶのはナシです。大見出しの中には中見出し、中見出しの中には小見出し。という風に構成が整った使い方をします。

h4 から h2 に一気に戻るのはアリです。次の大見出しの話題へ、話題が変化しているだけですから、構成的に問題ありません。

純粋に「文章として」アリとかナシとかという話ではありません。Google からの評価を意識しての話です。

③カテゴリーの考え方

記事本文を書き上げたら、投稿するカテゴリーを選択します。

ブログはカテゴリーを使って記事を分類しますが、じゃあどう分類したらベストか。その問いに唯一絶対の答えは無いように思います。

私は「大量のカテゴリーがあったって訪問者はそんなもの見ていない」という考えから、「カテゴリーはなるべく少ない方がいい」と考えてブログ運営しています。でも人によってはカテゴリーを細かく分類して、階層化(大カテゴリーの中に小さなカテゴリーがいくつもある状態)したりまでして整理している人もいます。私も初めはそうだったんですが、でもいつからか「こんなの意味ないな」と思って、カテゴリーはいい意味でテキトーに考えるようにしています。

個人的には、細かくカテゴリー分けをして分類するより、類型化したい記事たちをまとめて「まとめページ」のようなものを作り、そこで順序も考えてきれいにまとめた方がユーザー視点では見やすくて良いのではないかと思っています。

④記事にタグを付ける

ブログには「タグ」というものがあります。先ほどの記事執筆時に出てきた“タグ”とは、単語は同じですが意味は違います。ここで言うタグは、「この記事はこんなことについて書かれてますよ」というのを示すためのキーワードです。たとえばこの記事で言えば、私は『WordPress』というタグを付けます。

このタグの付け方にも人によっていろいろ考えがあるようで、まあでもそんなに影響力は大きくないので、あまり深く考える必要もありません。テーマに Simplicity を使っている場合は、記事下に表示される関連記事を「同じタグが付いてる記事」で類型化して表示させる機能もあるので、その場合はタグを効果的に使うことで関連記事の選別の精度を高めることができます。

2016-09-08-10-43-58

⑤アイキャッチ画像を設定する

アイキャッチ画像とは、ブログ記事のトップに表示する画像です。またこの画像は記事一覧表示する箇所でも下図のように使われます。

2016-09-08-10-49-01

人によっては画像を用意するのが面倒くさいし不要だと思うかもしれませんが、今はアイキャッチ画像を使うことを前提としてデザインされているテーマがほとんどなので、面倒でもアイキャッチ画像は使った方が全体的にブログが綺麗になります。文字ばかりだという印象をパッと見で与えてしまうとそれだけで読む気が失せてしまうユーザーというのも恐らく少なくないです。

用意する画像は、今ではタレントの画像も勝手にバンバン使われていて、かなりその辺の事情はユルユルになっています。ただこれからアドセンス広告の審査を受けるという場合は、ちょっと厳しく著作権周りのことをチェックされてしまう可能性が高いので、できるだけ安全度の高い画像を使うようにしたいものです。

このブログで使っているようなタイプの画像を使いたい場合は、著作権フリーの画像素材サイトがあるので、そういったところを利用します。

⑥記事URL(パーマリンク)を編集する

ここの部分は下の記事の「パーマリンクの設定をする」の通りの設定をしていることが前提です。

WordPressブログの開設方法#2 ブログ収入を得るためにやっておきたい設定

2016.09.09

編集せずに自動入力された日本語 URL のままで記事公開してしまうと、たとえば Twitter などで記事が紹介される時には記事 URL が「スパムか?」ってぐらいに長いものになってしまったりします(日本語が長い長いヘンな英数字に変換される)。なので手動で、記事内容に合った英単語を URL として入力します。

そして「公開」をクリックして記事の投稿は完了です。

 

以上で、新規投稿の仕方の説明は終わりです。
慣れるまではいちいち手間がかかるような気がして面倒に感じる部分もあると思いますが、それも初めだけです。